せどりツールを使って時間を作ろう

ツールで時短生活

   11月 26

せどりはいかに効率化できるかに限る

いろいろノウハウや知識が必要なせどりだけれど、
正直、仕入れに力を入れさえすれば、利益はどんどん上がります。

ただ、副業としてせどりをやってる方は、
本業が忙しかったり、そこまで時間を割けないのもまた事実です。

そして、出品作業や価格改定、発送など、
仕入れしたあとの作業もけっこう時間をとられます。

作業の効率化がさらなる仕入れへの時間につながりますし、
モチベーションもあがります。

AmazonにはFBAというAmazonが在庫を預かってくれるシステムがあります。
しかもカート取得という特典もついてくるのである程度、仕入れを行ってきたら、
FBA契約をするといいでしょう。

価格改定や顧客とのやりとり、
そして一番重要な仕入れの検索もせどりのツールがあると効率がよくなります。

ツールは知識やノウハウを載せているわけではありません。
ただ、せどりで利益を得るまでにしなくてはいけない手順を効率化してくれるものなのです。

情報商材はノウハウなど知識など、せどり初心者に魅力的な内容を教えてくれるかもしれません。
しかし、情報商材をあなた一人に教えてくれるのならばいいのですが、
それは他の方にも知られています。

なので、ノウハウはそのときのノウハウでしかないわけです。

しばらくするとそのノウハウは使えなくなります。
常に新しい情報を取り入れていける人がせどりで稼ぐ人間なのかもしれません。


   11月 25

転売ビジネスとせどり


せどりはもともと背取りといいます。

江戸時代の頃は本を転売することで利益を得ている人たちがいました。
もちろん昔のことですから車もありませんし、せどりのツールもありません。

足を使って遠い国まで行き、
そこで本を売ったり、買ったりするわけです。

彼らには長年積み上げた経験から目利きというものが身についていました。
なので彼らは本の背表紙を見ただけで、その本が利益のあるものなのかわかっていたそうです。

本の背表紙を見ただけで仕入れを決める⇒背取り というわけですね。

転売というのは商品を右から左に流して利益を得ることを指します。
正確にいうとせどりとはちょっと違うんですよね。やってることは同じなんですけど…

せどりはもう価値がなくなったと思われているのを見つけ出して、
価値がわかる人のところへ届けて、商品に価値を与える、ということなんですね。

ただ、ここ最近、せどりは知識がなくてもできるということで、
副業ビジネスとして参入者が多くなってきています。

ですので、現在のせどりは価値のないものに価値を与えるというよりは、
商品の価格差を見つけて、右から左に商品をさばく、どちらかというと転売ビジネスに近くなっているのも確かです。

しかし、どちらにせよ、
しっかり売れる商品を仕入れていれば利益を得ることのできる手堅い副業であることも確かなのです。


   10月 09

新作ゲームと仕入れ

今週末は友達とデート…じゃなくて買い物に行くぜ!!
友達はせどりをよく知らない人なんだけど、せっかく秋葉原とか行くんで、ちょいちょい仕入れやりたいところですw

アマゾン輸出ツールも注目されつつありますけど、
自分はまだまだ国内せどりを頑張る…予定。
いやでもちょっと心は揺れ動いてますwww

妖怪ウォッチですが、なんかこないだちょろっと調べ物してる時に「もう人気は下火か?」みたいなこと書かれてました。
うーん確かに値崩れしてましたね。
自分は怖かったんで手を出さなかったんですけど、やっぱポケモンには負けるんですかね。

ポケモンはなんてったって財力のある大きなお友だちがいますからね…。
妖怪ウォッチにももちろんいるんでしょうけど、
やっぱり故山のポケモン先輩には勝てなかった、って感じでしょうか。
致し方無いかなと言う気はしなくもないけど…ポケモンすげーな、としか。

ルビー、サファイアのリメイク版も出るみたいですし、やっぱクリスマスはポケモンで攻めるしか無いかな。
あと中高生にはモンハンですね!!

3DSも着せ替え出来るやつ発売したみたいなんで、そのへんも気になるところです。
あ、あとスマブラもあるんだった。
ゲ0無関連はどんどん出て行くから目が話せません…。


   8月 01

せどりキングを使ってみよう

せどりキングというせどりツールをどうやってせどりに使うのか、ちょっと紹介していきます。

せどりキングですが、リサーチ、出品、価格改定といった利用ができます。
自分が普段、面倒だなぁと思っているところをツールにまかせてみましょう。

例えば価格改定。
他の出品者の価格を知れば手改定、めんどくさいですよね。
かなりの時間がかかる上に、うっかり入力ミスしようものなら大惨事です…。

ですが、ツールならその辺りは機械ですから、ちゃんと設定さえしてしまえば周りのライバルを調べたりとか、
改定金額を入力したりとかは必要ないんですね。

でも怖いのは、価格が下がりすぎてしまうこと。
機械はものを考えません。
この価格寄り下がったら赤字だー!なんてこと判断できないわけです。
だったらめんどうでも自力でやるか…と思ってしまうのですが、
せどりキングはこのボーダーラインの設定ができるようになっているんです。

ボーダーLINEを例えば1000縁に設定しておけば、ライバルが999円になっても、自分は1000円のまま動きません。
1000円以下にならない、という命令をツールに設定しているからです。

こうなってくると、手作業よりもツールのが楽になってきます。

1つずつのアイテムを設定するのはめんどくさいなぁなんて思うかもしれませんが、
1度設定しておけばそのアイテムが売れるまでツールが改定をしてくれるわけです。
何度も手動でやるのに比べたらとっても楽ですよね!

ぜひとも検討してみてください♪